Search for...

出会えれば絶対にセフレになれるわけではない

セフレサイトで相手と仲良くなって、その後出会いの約束をしたとします。
この時点で、すでにセフレをゲットしたという気持ちになっている人も多いかもしれません。
しかし注意しないといけないのが、出会えたからと言って絶対にセフレになれるわけではないのです。
そもそも、出会っていきなりセックスをするとも限らず、最初は少し会話をしただけで終わるケースも多いのです。
やはり初対面同士であるわけですから、まずは相手のことを知りたいと思うのです。
もしかしたら、相手からの印象があまり良くなく、それっきり連絡が取れなくなる可能性もあります。
サイト内では良いパパ活だったとしても、必ずしもそれがリアルでも通じるとは限らないのです。
また、もし出会ってセックスをすることができた場合でも、相手がイマイチに思ったり、そこまで満足することができなければ、やはりセフレのパパ活になるのは難しいでしょう。
やっぱり、相性が良くないと付き合っていくのは厳しいわけですから。

すぐに誘うようなメールは避けるようにする

セフレサイトで相手に対してメールを送る時に、いきなり「セフレになってください」、「よかったら会ってセックスしましょう」と書いて送る人も多いようです。
確かに、セフレになることが目的なので、そういったメールを送るのも間違いではないように思えます。
ただ、全く知らない人から突然そういったメールを送られると、相手からすれば戸惑ってしまうものです。
なので、いくらセフレ目的と言えども、すぐに誘うようなメールは避けるべきなのです。
まず最初は、自己紹介や挨拶などを中心としたメールを送って、相手に親近感を持ってもらうことが重要なのです。
割り切ったパパ活とはいえ、ある程度お互いのことを知るのが望ましいわけですから。
その後も、しばらくメールで会話を続けて、それなりにいい雰囲気になったのであれば、その時に出会いのお誘いをするようにしましょう。
相手としてもかなり不安や抵抗感は薄れているでしょうから、出会いに応じてくれる可能性は十分にあるのです。